(仮称)県央カラーガード隊 訓練

410日・24日 県内体育館等にて

 

昨年度、相模原スカウト連絡協議会(相連協)のYSC(Youth Scout Community)を通じて発足した「カラーチーム2021」。今年は、県央地区からさらに有志スカウトが加わり、規模を拡大してカラーガードの活動を行うことになりました。まだ正式名称は決まっていませんが、515日に開催される県年次総会において、県央地区のカラーガード隊として厳かに、かつ華やかに開会式を盛り上げます。

 

3月下旬に行われた初回練習を経て、ここでは2回目、3回目の特訓風景をご紹介します。

 

<4月10日 青少年学習センターにて 第2回目訓練>

前回の確認。ポールを持たず方向転換の練習から。

方向転換で使われる号令をご紹介します。この号令に合わせて、美しい方向転換を目指します。

A Ten Hat (ア・テン・ハット)・・・気をつけ!

Right face Right (ライト・フェイス・ライト)・・・右向け右!

Left face Left (レフト・フェイス・レフト)・・・左向け左!

About face about (アバウト・フェイス・アバウト)・・・回れ右!

次に、ポールを持っての方向転換。

回れ右をするとき、みなさんは、どちらの足を動かすでしょうか。

足をひいて戻すか、足を前に進めて戻すか。カラーガード隊は、その違いを一つ一つ確認し、前に進めて戻す方を選択しました。違いは何か。後者の方がポールの位置がぶれないのです。

 

<4月24日:第3回目訓練>

 

建物, 屋内, グループ, 立つ が含まれている画像

自動的に生成された説明

立ち位置のマーキングから。

旗の扱い方の説明を受けています。

人, 民衆, 食品, グループ が含まれている画像

自動的に生成された説明

建物, グループ, 民衆, スキー が含まれている画像

自動的に生成された説明

とても大切なものだから、旗は床に付かないように、首にかけて、竿頭を付けます。

建物, 屋内, グループ, 立つ が含まれている画像

自動的に生成された説明

建物, 天井, 屋内, 立つ が含まれている画像

自動的に生成された説明

整列の後、色で分かれて旗の上げ下げを確認。

 

建物, 屋内, 天井, 空港 が含まれている画像

自動的に生成された説明

屋内, グループ, 立つ, テーブル が含まれている画像

自動的に生成された説明

建物, グループ, 立つ, 民衆 が含まれている画像

自動的に生成された説明

建物, 屋内, グループ, テーブル が含まれている画像

自動的に生成された説明

旗を掲げての方向転換の訓練。フラッグ自体の重さや空気抵抗で、まっすぐに掲げて動くのはかなり難しいことですが、頑張っています。

建物, 人, グループ, 民衆 が含まれている画像

自動的に生成された説明

屋内, 建物, テーブル, キッチン が含まれている画像

自動的に生成された説明

建物, テーブル, グループ, 立つ が含まれている画像

自動的に生成された説明

建物, 立つ, テーブル, グループ が含まれている画像

自動的に生成された説明

次は、旗を持たずにマーチの練習。以下は、マーチでよく使われる号令です。

Mark time march (マーク・タイム・マーチ)・・・足踏み始め!

Forward march (フォワード・マーチ)・・・前へ進め!

Ready Hault (レディー・ホルト)・・・止まれ

建物, テーブル, グループ, 地域 が含まれている画像

自動的に生成された説明

建物, スポーツゲーム, テーブル, 立つ が含まれている画像

自動的に生成された説明

建物, スポーツゲーム, 立つ, キッチン が含まれている画像

自動的に生成された説明

建物, 立つ, テーブル, 食品 が含まれている画像

自動的に生成された説明

建物, 立つ, テーブル, 座る が含まれている画像

自動的に生成された説明

建物, テーブル, 立つ, グループ が含まれている画像

自動的に生成された説明

いよいよ、旗を掲げての行進訓練です。

足踏みの時の膝を上げる高さ、足首の位置、つま先の角度、一歩の大きさ、足の裏が床を離れるタイミング、全てに注意を払いつつ、前進、また前進。練習あるのみです。

建物, スポーツゲーム, スポーツ, 立つ が含まれている画像

自動的に生成された説明

建物, 立つ, スポーツゲーム, グループ が含まれている画像

自動的に生成された説明

ところで、ボーイスカウトのカラーチームは、日本でたった2つしかないって、ご存知でしたか?1つはこのYSCを母体とした(仮称)県央カラーガード隊。もう一つは横浜地区のカラーチームです。県央カラーガード隊の旗はポール長3mと大きく、式典やセレモニーなどで、儀仗隊のような緩急統制のとれた美しい演技を得意としています。対して、横浜地区のカラーは一回り小さく、フェスティバルなどの場での軽やかなパフォーマンスが特徴。日本に2つしかないカラーチームが同じ神奈川連盟内にあるのです。7団から多数のVS,RSが参加する県央カラーガード隊、ますます目が離せません。

 

(2022.4.10,24 VS)

HOME     BACK